乙類焼酎について

乙類焼酎は、穀物やいも類、そばなどを原料として単式蒸留機で蒸留して作られたアルコール度数が45%以下の焼酎ですね。
単式といいマス名のとおり、一度だけの蒸留で作られていマス。
其れぞれの原料によって、違った風味やコクを持った個性豊かな焼酎に仕上がりマス。
室町時代に日本に伝来してきたと言われており、明治時代に連続蒸留による甲類焼酎が誕生するまで焼酎と言えば乙類焼酎だけ、確かにそのことだけでしたので御座いマスわ。
其のために、乙類焼酎は「旧式焼酎」とも呼ばれていマス。
甲類、乙類といいマスのは、単なる税法上での区分した呼び方で、ですが、「乙」といいマス意味が「甲」に対して低いもののようなイメージを与えるために、乙類焼酎は別名「本格焼酎」とも呼ばれるようになりましたので御座いマスわ。

スポンサードリンク

乙類焼酎は、まず麹と水と酵母から第一もろみを作りマス。
この第一もろみに穀物やいも類、そばなどを加えてアルコール発酵させたものが第二もろみですね。
第二もろみを単式蒸留機で蒸留してできあがりマス。

スポンサードリンク


第二もろみに使われる原料によって、米焼酎、いも焼酎、そば焼酎などに分類されマス。
焼酎の作られる地方により、其の地ならではのさまざまな農産物が原料に使われていマス。

単式蒸留機で作られた焼酎は、常圧蒸留と減圧蒸留に分けられマス。
常圧蒸留というのは、その昔からの伝統的な蒸留方法ですね。
常圧(通常の大気圧)で蒸留いたしマス。
アルコールを含んだもろみは約90℃で沸騰するために、沸点の高い成分が一緒に抽出され原料の持つ独特の風味やコクを楽しむ事ができマス。
熟成効用が高いために、泡盛などの風味を生かした焼酎の蒸留方法として使われていマス。

減圧蒸留というのは、1970年代に導入された新しい蒸留方法ですね。
蒸留機内の圧力を下げて約40℃~50℃の低い温度で蒸留いたしマス。
低温で沸騰させるために、沸点の高い成分は抽出されず柔かな味わいになりマス。
クセがなくて飲みやすいために、主に米焼酎や麦焼酎などの蒸留方法として使われていマス。

最近は、原料の風味やコクのある乙類焼酎の人気が高まっていマス。
ストレート、オンザロック、水割り、お湯割りなどで飲まれていマス。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

焼酎の保存方法
焼酎が人気の理由の一つに、保存方法が簡単である事があると考えマス。 清酒やワイン......
九州の焼酎
九州では、さまざまな本格焼酎が作られていマス。 九州の焼酎について地区別にお知ら......
地理的表示の産地指定
日本の焼酎には、世界の銘酒に仲間入りしたものが御座いマス。 世界貿易機関(WTO......
焼酎の甘口と辛口
お酒の甘さや辛さは、昭和40年代までは水とアルコールの比重で表示されていらっしゃ......
焼酎と酒器1
焼酎を飲む時に、焼酎を入れる酒器にもこだわってみては如何で御座いましょうか。 酒......
焼酎と酒器2
焼酎を飲む時に、焼酎を入れる酒器にもこだわってみては如何で御座いましょうか。 酒......
焼酎のカロリーについて
焼酎は、糖分がゼロでカロリーの低いお酒ですね。 焼酎は蒸留酒ですために、蒸留する......
焼酎でストレス解消
最近は、大人から子供まで皆がストレスを抱えて生活しておりマスと言っても過言では御......
泡盛について
沖縄県で有名な「泡盛」も焼酎ですね。 泡盛は、中国からシャム(現在のタイ)を経由......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

デキル大人の焼酎の楽しみ方:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://shouchu.melonet.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。