きき酒を楽しむ

「きき酒」といいマス言葉を聞いたことが御座いマスか?
きき酒には色々な目的が御座いマス。

スポンサードリンク

酒屋様が行うきき酒は、焼酎の味わいが金額に見合っていらっしゃいマスかどうかを判断いたしマス。
杜氏様が行うきき酒は、焼酎の仕上がりが目的どおりであるかを判断いたしマス。
しかも、アマチュアが行うきき酒は、ご自分の好みの味わいであるかを判断いたしマス。
ワインでいうところの「テイスティング」ですね。
此処では、アマチュアのきき酒についてお知らせいたしマス。

きき酒は、味を見るだけでは御座いません。
色や香り、後味など焼酎の全てですわ、全てを味わいマス。
きき酒の仕方は、以下のとおりですね。

1.焼酎の色を見マス。
  通常の焼酎は無色で透明で、ですが、樽で貯蔵された琥珀色のものや薄く濁っておりマス無ろ過のものも御座いマス。
2.焼酎の香りを楽しみマス。
  ワインのように器の中で軽く回いたしマス。
3.焼酎を口に含みマス。
  口の中で舌を転がしながら味を感じ取りマス。
  次に口に含んだまま鼻から息を吐いて、香りの広がりを楽しみマス。
4.焼酎の後味を楽しみマス。
  喉を通った後の余韻を感じ取りマス。

スポンサードリンク

焼酎には色々な原料が使われていマス。
きき酒の重要点は、其れぞれの原料の特徴を知る事ですね。
麦焼酎は、大麦の華やかな香りとまろやかな甘さ、濃厚な味わいが特徴ですね。
米焼酎は、お米の優しい香りと軽やかな甘さ、柔らかな味わいが特徴ですね。
いも焼酎は、さつまいも本来の甘くて柔らかな香りとすっきりとした味わいが特徴ですね。
そば焼酎は、そばの持つさわやかな香りとおだやかで軽やかな甘さが特徴ですね。
黒糖焼酎は、黒糖特有の南国を思わせる甘みとすっきりとしたコクのある味わいが特徴ですね。
ごま焼酎は、ごまの香ばしい香りと軽やかでほのかな甘さが特徴ですね。
粕取り焼酎は、吟醸酒のような華やかな香りとまろやかですっきりとした味わいが特徴ですね。
泡盛は、甘い香りとなんとなくてコクのあるまろやかな味わいが特徴ですね。

きき酒を行うことによって、ご自分に合った焼酎の基準ができマス。
今日のご自分の気分にはどの様な焼酎が合うか、出された料理に対してどの様な焼酎が合わせたらいいかとか、焼酎を選択する楽しみにもなると考えマス。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

デキル大人の焼酎の楽しみ方:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://shouchu.melonet.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。