焼酎で健康になる2

焼酎は、生活習慣病の予防に効用があると言われていマス。
生活習慣病の一つに「血栓」が挙げられマス。
人間には身体の中で血栓を溶かすメカニズムがあるそうで、ですが、ストレスや恐怖心などからご自分の身を守ろうとする防衛本能が働くと、血液が固まって詰まりやすくなりマス。
血液が詰まりやすくなると血液の流れが悪くなり、細胞に栄養が行き届かないために細胞は死んでしまいマス。
これが、脳血栓や動脈硬化などの原因ですね。

スポンサードリンク

乙類焼酎(本格焼酎)には、「ウロキナーゼ」といいマス体内に既にできてしまりました血栓を溶かす作用がある酵素を含んでいマス。
焼酎を飲む人は、飲まない人の2倍ものウロキナーゼを体内に持っておりマス事が判っていマス。
焼酎の飲まない人も、香りをたった5分嗅ぐだけで血液がサラサラになると言われていマス。

血液中にあるコレステロールの中に、「善玉コレステロール」「悪玉コレステロール」と呼ばれる2つが御座いマス。
体内にアルコール度数25~30%のお酒(焼酎)を入れることによって、善玉コレステロールが増え悪玉コレステロールを肝臓に運びマス。
結局焼酎を飲む事によって、血管内に付着した余分なコレステロールは追い出され心筋梗塞や動脈硬化が予防できるので御座いマスね。

血栓ができると認知症を伴う事が御座いマス。

スポンサードリンク


認知症は、初期段階の分野で症状の軽い時と重い時があり、症状の軽い時は血液の流れがいい時だと判明していマス。
焼酎は血液をサラサラにする作用があるために、認知症の予防にはうって付けのお酒ですね。

しかも、焼酎には血液の流れを良くし炎症を抑える効用があり、痛みや腫れ、発熱などを改善してくれマス。
其の他にも、ストレス解消や精神安定、消毒薬としての殺菌作用、美肌などにも効用が御座いマス。

焼酎は、適量をいつも飲む事でコレステロールを下げ、血液をサラサラにいたしマス。
1回に飲む量は、アルコール度数が25%の焼酎なら120ml、35%の焼酎なら85ml以下ですね。
しかも、焼酎:水の割合が5:5で飲んだ場合は、肝臓が1時間で分解できるアルコール量は体重1kgに対して0.1gですね。
其れから8時間の睡眠で分解できるアルコールの量は40gですね。
ですけど、幾ら焼酎が身体に良くても飲み過ぎは禁物ですね。
健康のために、適量を守って楽しみたいもので御座いマスね。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

焼酎で健康になる1
焼酎が健康にいいお酒だといいマス事をご存知でしょうか? だいたいのお酒には、飲む......
焼酎で健康になる3
焼酎は健康にいいお酒とされていマス。 焼酎で健康になる「飲む」「香り」「塗る」3......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

デキル大人の焼酎の楽しみ方:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://shouchu.melonet.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。